注文住宅を建てるメリットとは?

一番のメリットは全てを自分の好きなように決めることができます

"自分の家を建てようと思い立ったときに、まず最初に注文住宅にするか、建売住宅にするかを考えるでしょう。注文住宅はその名の通り、基本的には自分のやりたいように間取りや内装など全てのことを注文することができます。その一方で、建売住宅は間取りや内装などが決められていて、すでに工事が完成されている家を購入したり、建築途中の段階で購入することができるものもあります。 注文住宅は、建売住宅と違い自分で自由に家を建てることができますから、希望通りの家に仕上がります。また、設備面でもトイレやキッチン、お風呂など、どのメーカーにするというところまで自分の好きなように決められるので、完成して実際に住み始めてからも満足度が上がるでしょう。そのため、金額も決められていませんので、抑えることもできますし、逆に設備などのグレードを上げることも自分の判断でできます。また、注文住宅は建築前から家が完成するまでの間、施工主がその都度チェックすることができますので、工事がどのように進められているのか詳しく分かるため安心できます。"

設計士などのプロから豊富なアイデアを引き出し理想の家を建てる

注文住宅は自分の好きなように建てられるのは良いけども、自分には建築の知識がないからどのようにすればよいのかわからないという人も少なくありません。そのようなときは、収納は多くしたい、とか、子供部屋は後で仕切れるように最初は大きな部屋にしておきたい、などと、思いついた考えをどんどんと挙げていくと、営業や設計士が土地や周辺の環境、日当たり、風の流れなどから、施工主の意向に沿った設計図を書いてきてくれます。その設計図を見て、この位置に階段があるのは嫌だとか、ここに和室があるのは良いと思う、などと設計図を元に意見を出していくと、また次の意向に沿った新しい設計図を書いてきてくれます。このように、とりあえず大まかな希望に沿った設計図を一度書いてもらい、気に入らなかったらその都度新しいパターンの設計図を何度でも書いてきてくれるので、家について何も知識がなくても、最終的には自分の希望通りの家が出来上がります。 とことん話し合い設計士などの専門家から豊富なアイデアを引き出し、それを利用できるのは注文住宅ならではです。